男の顔汗・テカリ・臭いには原因があった!

トリムクール

 

男の顔汗・テカリ・臭いの原因を徹底分析してみました

 

男の顔汗・テカリ・臭いにははっきりとした原因があるんです。

 

その原因を徹底検証して予防する方法を考えてみます。

 

また、そんな悩み解消に即効性のある制汗スプレー【トリムクール】を紹介します。

 

男の顔汗・テカリ・臭いの悩みあるある

あなたは顔汗・テカリ・臭いで悩み抱えていませんか?

 

・たくさんの汗が出て止まらない
・営業先で汗で会話に集中できない
・相手の視線が気になって自信が持てない
・顔がテカテカしてスマホで通話するとベトベトになる
・洗顔したのにすぐにベトベトする
・相手に不快感を与えていないか心配
・異性と話をすると余計に汗が止まらなくなる
・異性と至近距離で話すのが苦手
・暑くもなくも緊張もしていないのに汗が止まらない

 

これは思った以上に多くの男性が抱えている悩みでもあります。

 

ご存知のように、汗は自律神経である心身を興奮させる交感神経が制御しており自分の意志ではコントロールできません

 

発汗は交感神経の刺激によって自分の意志とは関係なく起こっているんですね。

 

うまくいかない対処法

そして、汗をかいたときにいろいろ試しても効果がなかった経験ってありませんか?

 

・クリームや乳液はベタつきそうなので使いたくない
・あぶらとり紙を頻繁に使いたくない
・パックとか時間のかかるケアは出来ない
・エステなど高額な費用のかかるケアも出来ない
・食事制限はストレスがかかるのでしたくない
・体質だから直らないと諦めている

 

このように男の汗の悩みは結構難しく、ちょっとわがままな感じもしますね。

 

「汗ぐらいで自分の評価が落ちるわけではない」

 

と思っている人もいるかとは思いますが、実は99%の女性が男性にスキンケアが必要と思っているんです。

 

トリムクール

 

この結果を見てもあなたはスキンケアなんて男には必要ないと言い切れますか?

 

そのように思う方は、これ以上読んでもメリットはないのでブログを閉じてください。

 

・・・・

 

・・・・

 

・・・・

 

 

ここから先はまじめにトリムクールでスキンケアをして、顔汗・テカリ・臭い対策を行いたい人にのみお伝えしていきます。

男の顔汗・テカリ・臭いの3つの原因とは?

まずは、対策する前に顔汗・テカリ・臭いの原因をしっかり理解しましょう。

 

原因その1 体質や食生活など

 

トリムクール

 

もともと汗かき体質で皮脂分泌量が多く、遺伝的に顔汗・テカリ・臭いを起こしやすい場合もあると思います。

 

ただ、遺伝的な体質以外に普段の食生活の乱れで、顔汗・テカリ・臭いが起きていることもあります。

 

@ 食生活の乱れからくる肥満が原因

 

A 日頃の運動不足が原因で身体の汗腺がうまく機能せず、発汗が顔に集中

 

B 睡眠不足が原因で身体のホルモンバランスが崩れて皮脂分泌量が増加

 

C 汗腺(※1 エクリン腺)からミドル脂臭の元となる「※2 ジアセチル」が分泌し臭いとなる

 

D 脂質から加齢臭の元となる「※3 ノネナール」の分泌で顔が臭う

 

 

※1 エクリン腺とは

 

人間オほぼ全身の体表面に分布している汗腺で汗のほとんどはこのエクリン腺から出ている。

 

エクリン腺は毛包とは独立していて、比較的皮膚表面から浅いところにある。

 

 

※2 ジアセチルとは

 

加齢臭は男女ともに発生しますが、ミドル脂臭は男性特有

 

ジアセチルはミドル脂臭の原因となっている。

 

特に女性から不快な臭いと感じられ「バターのような、チーズのような、油のような」と表現されている

 

 

※ ノネナールとは

 

加齢臭の正体で、脂臭くて青臭い、不飽和アルデヒドの一種

 

ノネナールは毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化して出来た臭い成分

 

 

原因その2 ストレスや緊張などの精神的な要因

 

トリムクール

 

暑さなどの物理的な原因以外に、精神的な原因が顔汗・テカリ・臭いを起こしている場合があります。

 

@ ストレスや緊張を感じ交感神経が優位になって汗腺の働きを活発化

 

A ストレスや緊張が原因でホルモンバランスを崩し皮脂の分泌量が激増

 

汗と皮脂でテカリも起こり、臭いの原因にもなっています。

 

 

原因その3 過剰な洗顔などの誤ったケア

 

汗・テカリ・臭いを気にして洗顔フォームなどで過剰に洗顔すると皮脂が余計にとれてしまいます。

 

@ 皮脂がないと肌はすぐに乾燥し肌を守るため皮脂が過剰に分泌

 

A 必要以上に肌を刺激し結果的に必要以上に皮脂が分泌

 

実は、洗顔や汗ふきシート、あぶらとリ紙などは、その場では効果があるように見えますが、肌へのダメージが大きいので注意が必要です。

男の顔汗・テカリ・臭いへの4つの対処法

どのようにすれば顔汗・テカリ・臭いを防ぐことができるのでしょうか?

 

ここでは4つの対処法を紹介します。

 

1.正しく洗顔する

 

トリムクール

 

顔汗・テカリ・臭いの原因でも挙げていたように、予防のための洗顔は非常に重要です。

 

洗顔料は洗浄力の強いタイプは避けて、無添加の石鹸などでしっかり泡立てて優しく洗顔しましょう。

 

また、洗い終わったらすすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

 

 

2.洗顔後のケア

 

洗顔が終わったら保湿を行いましょう。

 

顔が脂っぽくなのが嫌かもしれませんが、保湿をしないと体は皮脂を多く分泌して皮膚を守ろうとするので逆効果です。

 

 

3.ストレスを溜めない

 

ストレスはさまざまな病気を引き起こす原因となりますが、皮脂にも影響を及ぼします。

 

人はストレスを感じると自律神経の一つである交感神経が刺激されます。

 

この状態が長く続くと興奮状態が続き、男性ホルモンが活発化します。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させるため過剰分泌になってしまいます。

 

これは睡眠不足にも言えることなので、日頃からコンディションを整えておくことで、顔汗・テカリ・臭いの予防する効果が期待できます。

 

 

4.抗酸化作用のある食材を摂取

 

人の身体は呼吸をするだけでも活性酸素が体内に発生します。

 

実は活性酸素は皮脂の酸化を促進する原因になります。

 

もともと活性酸素が増えても酸化を予防してくれるのですが、加齢によって抗酸化作用が衰えてくるので肌へのダメージが大きくなります。

比較的即効性の高い制汗剤スプレー【トリムクール】を使ってみる

トリムクール

 

もう一つの方法として、リピート率91.3%の制汗スプレー【トリムクール】を使うことです。

 

トリムクールには特徴が7つあり、男の顔汗・テカリ・臭いの3つの原因を予防する効果があります。

 

 

トリムクールの特徴1.高濃度フェノールスルホン酸亜鉛で汗を抑制

 

薬用成分のフェノールスルホン酸亜鉛が汗腺の出口を閉塞し汗を押さえます。

 

抑制してもトリムクールを塗布していないところから放出されるので健康上問題はありません。

 

 

トリムクールの特徴2.4つの浸透性ナノ化美容成分で皮脂の分泌を抑制し引き締める

 

@ 皮脂の分泌を抑制し肌を引き締める

 

・ワレモコウエキス
・10-ヒドロキシデカン酸VG

 

A 肌荒れやブツブツを整え毛穴を引き締め皮膚を洗浄する

 

・ノバラエキス
・アーティチョークエキス

 

 

トリムクールの特徴3.殺菌と消臭で気になる臭いを根本からブロックする

 

@ 皮膚表面の雑菌を殺菌・除菌し臭いをもとから防ぐ

 

・シメン-5-オール

 

A 悪臭成分を元から絶つ

 

・カキタンニン

 

 

トリムクールの特徴4.植物成分が肌を引き締めサラサラの素肌感覚を維持

 

肌を整え皮膚をすこやかに保って、サラサラ・スベスベの素肌感覚を持続し、さらに肌の透明感も向上

 

・水添大豆リン脂質
・天然ビタミンE
・グルコシルヘスペリジン
・ルチングルコシド
・チンピエキス

 

 

トリムクールの特徴5.珍しいスプレータイプの制汗美容スプレー

 

使用方法は洗顔後に顔全体に吹き付けるだけ

 

1日1回で効果が持続し、皮脂吸収クリームのよういに使用後にベタついたり手が汚れない

 

 

トリムクールの特徴6.顔以外にもほとんどの部位で使える

 

使用可能箇所は、ほぼ全身

 

 

トリムクール特徴7.敏感肌の男性でもOK

 

徹底的に無添加・低刺激にこだわって作られているので、敏感肌の人でも大丈夫

 

まとめ

男の顔汗・テカリ・臭いの原因と対策を紹介してきました。

 

最後に紹介したトリムクールも効果がありますが、まずは汗をかく原因をしっかり知って、常日頃からの肌のケアが必要なのはいうまでもありません。

 

念のためですが、いまのところトリムクールは公式ページでしか販売されていません。

 

その中で定期購入するのが一番最安値でトリムクールを手に入れることができます。

 

ここでは男の顔汗について紹介しましたが、トリムクールは女性も使えます。

 

⇒ トリムクールの女性の顔汗の詳細はコチラ

 

トリムクールの最安値、口コミ、効果、成分、など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

トリムクールトップへ