比べてみたトリムクールとプレミアムデオヴィサージュの特徴の違い!

トリムクール

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュを比較してみた

 

顔汗を抑えてくれる制汗剤であるトリムクールとプレミアムデオヴィサージュですが、どちらを購入しようかを迷っている方もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、2つの制汗剤を徹底的に比較検証しましたので、是非購入の参考してみてください。

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|どちらがお得?

まずは、長く使う商品なので一番気になる価格を比較してみました。

 

商 品 名 トリムクール プレミアムデオヴィサージュ
通常価格 7,500円税別 + 送料600円税別=8,748円税込 7,980円税別 + 送料650円税別=9,320円税込
定期コース価格(初回) 初回 980円「税別 + 送料無料 = 1,058円税込 3,980円税別 + 送料無料=4,298円税込

定期コース価格
(2回目以降)

4,500円税別(40%OFF)=4,860円税込
2本セット定期コース 8,000円税別=8,640円税込

4,980円税別(38%OFF)=5,378円税込
定期コース送料 送料無料 送料無料
定期コース購入回数 5回 (1年間に最低5回購入必要) 3回

 

 

通常価格は、トリムクールが8,748円税込で、プレミアムデオヴィサージュが9,320円税込と572円税込トリムクールの方がお得です。

 

 

また、最低購入価格(最安値)の合計で見た場合は、

 

・トリムクール

 

最低5回購入が必要なため20,498円税込(980円+4,500円×4回+消費税1,518円)

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

最低3回購入が必要なため 15,055円税込(3,980円+4,980円×2回+消費税1,115円)

 

と、プレミアムデオヴィサージュの方がお得になります。

 

 

ただ、1年間使った場合で、12ヶ月すべて1本ずつ購入した場合は、

 

 

・トリムクール

 

980円+4,500円×11回+消費税4,038円=54,518円税込

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

3,980円+4,980円×11回+消費税4,700円=63,460円税込

 

 

また、送料については、トリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに送料無料です。

 

ご覧のように長く使うと、月々の料金が高いプレミアムデオヴィサージュの方が高くなってしまいますね。

 

1年間以上使用した場合はトリムクールの勝利

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|返金保証制度を比較してみた

制汗剤に限らず、育毛剤や美容液、デンタルケア商品でも、かならず効果に個人差があり、場合によってはアレルギー反応などを起こして、それ以上使用できなくなる可能性があります。

 

そのような場合に、購入者の不利益にならないように 全額返金制度 が導入されているケースが増えてきています。

 

両製品ともに返金保証制度を導入しています。

 

また、その際には、明細書・商品容器・商品箱の3点を返送することで初回分の商品代金を返金してもらうことができます。

 

 

・トリムクール

 

返金保証期間 : 定期コースで初回に人に限り90日間

 

トリムクール

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

返金保証期間 : 定期コースで初回に人に限り90日間

 

トリムクール

 

※ トリムクールの返金保証の利用条件
1.サポートセンター(0120-483-463)までお電話にて返金の旨をご連絡いただいたお客様
2.返金保証の対象は初回1個分
3.商品を初めてご注文いただいたお客様
4.同一住所への配送が過去にないお客様
5.少なくとも15日以上ご継続いただいたお客様
 (使用した上で「満足できる実感ができなかった」と感じたお客様向けの制度です。)
6.各商品毎のコース規定回数ご継続いただいているお客様
7.すでに発送済みの商品に関して、お受け取りいただいてるお客様
8.後払いでご利用いただいている場合、既に入金の確認ができているお客様
9.次回お届け日10日前までにご連絡いただいているお客様
10.商品、商品化粧箱、明細書、商品お届け時外箱の計4点をご返品いただけるお客様

 

返金保証制度については、トリムクール・プレミアムデオヴィサージュともに同じで引き分け

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|どちらが量が多い?

トリムクールもプレミアムデオヴィサージュともに定期コースで購入すれば、毎月ほぼ同じ日に1本づつ自宅に届きます。

 

そこで、使用期間にも影響すると思われえる1本当たりの容量を確認してみました。

 

・トリムクール

 

1本当たり30mlで約1ヶ月使用可能

 

トリムクール

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

1本当たり30gで約1ヶ月使用可能

 

トリムクール

 

ご覧のように1本あたりの使用期間は同じですが、トリムクールはスプレータイプなので液体ですし、プレミアムデオヴィサージュは少し固めのクリーム状です。

 

使用する量は個人差があるとは思われますが

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュの容量はほぼ同じで引き分け

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|持続力で比較してみた

トリムクール・プレミアムデオヴィサージュともに容量も同じなことがわかりました。

 

男性の場合は、なかなか外出先で制汗剤を塗りなおすのは抵抗がありますよね。

 

そんな時に、朝しっかりとケアしておけば1日持続してくれると嬉しいですね。

 

そこで、持続力を比較してみました。

 

 

・トリムクール

 

トリムクールを朝1回顔に吹き付けておけば1日持続できます。

 

塗りなおす手間や抵抗感を激減できることはもちろんありがたいですが、敏感肌の人にとって何度も吹き付けると肌にダメージを与えてしまうので、トリムクールはそういった面でも嬉しいですね、。

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

コチラも公式ページのQ&Aに

 

 

 

Q 効果はどのくらい続きますか?


 

 

 

A 個人差はありますが、朝のケアで1日持続できるように開発しています。
  外出先で気になったら、塗布部分を清潔にしてから塗ってください。


 

とあります。

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュの持続力はほぼ同じで引き分け

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|口コミを比較してみた

さらに、ネット上にある公式ページで最安値で買えるトリムクールの口コミを比較してみました。

 

・トリムクール

 

悪い口コミ

 

・価格が高くて続けられない

 

 

トリムクールは値段が高くて続けられませんでしたが、効果はばっちりでした。金銭的に余裕ができたら春の終りから夏にかけて使いたいです。


 

 

・ひどい汗には効かない(個人差がある)

 

 

トリムクールを使ってみた感じはしっとりとしていてベタベタしないので悪くはないです。ただ、これで汗が止まったかというと微妙かな・・。私のような重度の汗かきには効かないのかもしれません。


 

 

・期待が大きすぎて不満を感じる

 

 

トリムクールを雑誌で見かけて購入しました。口コミなので汗が止まると期待していたのですが、一時的に汗を抑えてはくれますが、時間がたつと汗はまたでてきます。予想していた結果はなかったので残念でした。


 

 

良い口コミ

 

・汗やテカリだけでなく肌がサラサラになる

 

 

娘から汚いと言われて、トリムクールを使うようになりました。顔のテカリだけでなく肌がサラサラになるのが嬉しいです。前以上に娘と会話するようになって毎日楽しいです。もう汚いとは言われなくなったのでホッとしています。


 

 

・スプレータイプで使いやすい

 

 

今までは汗防止クリームを塗っていました。クリームだとどうしても顔がベタベタしてすごく違和感がありました。その点トリムクールはスプレータイプなので、簡単ですしさらさらしていますし臭いも気にならなくなりました。


 

・周りからの視線を気にしなくてよくなった

 

 

ストレスが原因なのか20代後半から顔汗に悩むように・・・。営業という仕事柄、顔汗なので周りの人の目も気になっていました。トリムクールを使ってからかなり汗は抑えられるようになって汗を気にすることが少なくなりました。


 

・見た目がよくなった

 

 

営業の仕事をしていますが、外回りをすると汗がダラダラでした。営業中は汗ふきシートでごまかしていましたが、仲間からトリムクールを教えてもらい使い始めたところ、顔のテカリや汗が治まりました。今まで以上に自信を持って営業が出来るようになりました。


 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

悪い口コミ

 

・使用する期間が短い

 

 

いまひとつでした。プレミアムデオヴィサージュを使うようになって10日が経ちますが、やっぱりまだ少し顔から汗が出ます。10日もあれば汗が全く出なくなると期待していたのですが、そうはいかないみたいですね。効果がイマイチなので、続けるかどうか悩みます。


 

・塗りなおしが必要になった

 

 

使ってるうちに効果が高まるとどこかのクチコミで見ましたが、使って一週間経っても緊張すると汗が吹き出して、塗り直しが必要になります。使い方に問題があるのかな?


 

・かゆみが出て使えなくなった

 

 

鼻の下に汗をかくのが恥ずかしくて購入しました。性能には満足でしたが、肌が弱いためか数日使ってたらカユミが出ちゃいました。ガマンできないほどじゃないけど、成分をちゃんと見て買えばよかった!


 

・クリームが硬くて使いにくい

 

 

思ったより、クリームが固くて使いにくかったです。洗顔後に塗って化粧をするとあまり化粧のりも良くないし、今後使う事はないと思います。


 

 

良い口コミ

 

・今までよりももてるようになった

 

 

プレミアムデオヴィサージュで汗があまり出なくなってから、急にモテるようになりました。今までどんなに頑張って男性にアプローチしても、見向きもされなかったのに…。やっぱり顔からだらだらと汗をかいていると、清潔感がなくてモテないのでしょうね。


 

・周りの目が気にならなくなった

 

 

脇の汗染みが恥かしくて隠す生活にうんざり!手術も考えましたが15万円以上と高額で、メスを入れるのも怖いし…。それを考えるとかなりお得!顔に使うと化粧直しの手間も激減し、今は周りの目も気にならず、電車の吊革も怖くないです!


 

・額の汗が激減し肌トラブルが減少した

 

 

特に額の汗がすごく、おでこにニキビが出来てしまうなど肌トラブルにも悩まされていました。塗り始めてから汗の量が減りニキビもだんだん無くなり、今では前髪で隠す心配がなくなりました!


・接客で緊張してかいていた汗が止まるようになった

 

 

仕事柄、営業職でお客様に悪い印象を与えてはいけないと思えば思うほど、汗が止まりませんでした。元々、上がり症ということもあるので汗が出るのかもしれませんが、凄いコンプレックスでした。朝と夜にプレミアムデオヴィサージュを塗っておくと不思議と、汗がぴたりととまりました。


 

ともに良い口コミに関しては同じように高い評価がありました。

 

私が調べて気になったのは、プレミアムデオヴィサージュの「塗りなおしが必要になった」、「かゆみが出て使えなくなった」という悪い口コミでした。

 

一方で、トリムクールには塗りなおしやかゆみなどの口コミはありませんでした。

 

トリムクールには価格の面で高すぎるといった悪い口コミはありましたが、このページの「どちらがお得?」にもあるように長期的に使うとトリムクールの方がお得だったのでこの問題はクリアできそうです。

 

口コミは総合的に見てトリムクールの勝利

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|有効成分を比較してみた

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュに配合されている成分を比較してみました。

 

商 品 名 トリムクール プレミアムデオヴィサージュ
有効成分

・フェノールスルホン酸亜鉛
・シメンー5−オール
・カキタンニン

・フェノールスルホン酸亜鉛
・シメンー5−オール
・カキタンニン

その他の成分

ワレモコウエキス、ノバラエキス、アーティチョーク
エキス、10−ヒドロキシデカン酸BG、水添大豆リン
脂質、天然ビタミンE、グルコシルヘスペリジン、
ルチングルコシド、チンピエキス

ワレモコウエキス、茶エキスー1、ヨクイニンエキス、
シャクヤクエキス

肌への刺激成分

・香料、着色料、シリコン、パラベン、タール系色素、
紫外線吸収剤、動物性原料、酸化防止剤、合成ポリマー、
鉱山油、石油系界面活性剤など一切不使用。

・香料、着色料、紫外線吸収剤、動物性原料、鉱物油、
パラベンなど一切不使用。

 

有効成分について

 

トリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに同じ成分を使用

 

@ フェノールスルホン酸亜鉛

 

トリムクール

 

フェノールスルホン酸亜鉛は、生活習慣の乱れから起こる汗腺(エクリン腺)からミドル脂臭の元となる「ジアセチル」と脂質から加齢臭の元となる「ノネナール」の分泌を抑制します。

 

※ミドル脂臭とは、30代〜40代の男性が悩む後頭部付近から臭う体臭

 

汗を抑えてしまうと健康上の問題があるのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、抑えられた汗はトリムクールを塗布していない皮膚から放出されるので大丈夫ですので安心してください。

 

 

A シメン−5−オール

 

トリムクール

 

殺菌剤として使用されています。

 

シメン−5−オール自体は医薬品ではありませんが、消毒薬などの医薬品にも配合されています。

 

使い続けることで高い効果を発揮します。

 

 

B カキタンニン

 

トリムクール

 

悪臭成分を元から絶つという高い消臭効果を発揮します。

 

渋柿の果汁を発酵させて作る液体で、タンニンはお茶やワインなどにも含まれています。

 

その中でも柿は含有量が多く消臭・殺菌・防菌効果に健康面での成果も認められています。

 

有効成分はトリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに同じで引き分け

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|整肌効果で比較してみた

トリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに有効成分以外に整肌効果が期待できる成分も配合されています。

 

・トリムクール

 

 

@ ワレモコウエキス

 

低刺激性で皮膚を保護して引き締める効果抗酸化成分も豊富に含まれる

 

 

A 10−ヒドロキシデカン酸

 

皮脂分泌をコントロールし抗酸化作用も期待される

 

 

B ノバラエキス

 

肌荒れブツブツを整え、毛穴を引き締めると共に皮膚を清浄する

 

 

C アーティチョークエキス

 

メラニンの生成を抑する美白効果や毛穴を目立たなくする収れん効果が期待できる

 

 

D 5つの植物成分

 

以下の植物成分が、肌を整え皮膚をすこやかに保ち、サラサラ・スベスベの素肌感覚を持続させる

 

また、エイジングケアにもアプローチし、肌の透明感を向上させることで若々しい肌を実感。

 

○ 水添大豆リン脂肪 : エモリメント(肌保護)効果乾燥予防
○ 天然ビタミンE : 抗酸化作用があり肌荒れの予防改善
○ グルコシルヘスペリジン : 血行を良くして肌のくすみを予防
○ ルチングルコシド : スキンケアにも使われ美肌効果がある
○ チンピエキス : 抗炎症作用があり肌荒れに効果的

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

 

@ ワレモコウエキス

 

低刺激性で皮膚を保護して引き締める効果抗酸化成分も豊富に含まれる

 

 

A 茶エキス-1

 

お茶の成分「茶カテキン」の収れん作用、酸化防止作用、美肌作用、消臭作用の効果が期待できる

 

 

B ヨクイニンキス

 

イネ科のハトムギの種子のことをヨクイニンといい漢方として珍重され、肌をキレイにする作用があると言われている

 

 

C シャクヤクエキス

 

肌や頭皮の皮脂バランスを整えて保湿や消炎作用があるためさまざまな肌トラブルの改善に効果を発揮

 

 

結果としては、整肌効果の成分はトリムクールが9種、プレミアムデオヴィサージュが4種となりました。

 

整肌効果は多くの成分が配合されているトリムクールの勝利

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|使用感で比較してみた

制汗剤として長く使うわけですから、使用感も重要ですよね。

 

 

・トリムクール

 

トリムクールは制汗剤としては珍しい顔用スプレーで、使用感にこだわっています。

 

清潔にした顔全体に吹きかけるだけで、手がべたついたりすることもありません。

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

プレミアムデオヴィサージュはクリームタイプなのでどうしても手が汚れてベタツキを感じてしまいます。

 

男性にとっては、乳液やクリームを塗る習慣がほとんどないので抵抗感が強いです。

 

使用感はトリムクールの勝利

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|副作用で比較してみた

次に気になるのは、副作用ですね。

 

せっかく制汗効果があっても肌にトラブルを起こすと本末転倒です。

 

トリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに有効成分は同じものを配合しています。

 

有効成分以外については、天然成分、植物由来の成分なので副作用の心配はなさそうですね。

 

あるとすればアレルギーによるもので、トリムクールもプレミアムデオヴィサージュともに危険性は変わりません。

 

ここでは、有効成分に副作用の影響がないかを調べてみました。

 

1.フェノールスルホン酸亜鉛

 

 

@ 特徴

 

水溶性で空気に触れるとピンク色になり、元は無色〜白色の結晶質固体

 

医薬部外品の主剤として配合可能な発汗抑制剤、収れん剤として多くしようされている金属塩です。

 

※ 収れん作用 : 肌を引き締める・毛穴を引き締めること

 

 

A 副作用

 

フェノールスルホン酸亜鉛の表示して成分の分類は 抗ヒスタミン剤・消炎剤 で、
その毒性・副作用は、 胃の障害・下痢 が挙げられます。

 

ただし、これは薬事法で規定された以上の容量を使用することで起こる一例です。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は国の基準で、100g中に2.0gまでと決められており、トリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに医薬部外品ですから、基準値はしっかり守られているので、フェノールスルホン酸亜鉛による副作用はありません。

 

 

2.シメン−5−オール

 

 

@ 特徴

 

強い殺菌作用があり、水虫治療薬にも使われています。

 

 

A 副作用

 

シメン−5−オールには、皮膚発疹・吹き出物などの副作用が出る可能性があります。

 

ただし、用途別に配合量が決まっており、その範囲内であれば問題がないといわれています。

 

ハンドクリームなどさまざまな商品に使われ、人臨床試験等でも皮膚アレルギー性の報告はありません。

 

シメン−5−オールも容量をしっかり守っていれば副作用はありません。

 

 

3.カキタンニン

 

 

@ 特徴

 

消臭に効果的でサプリメントやお茶、石鹸などさまざまな商品が販売されています。

 

 

A 副作用

 

カキタンニンの副作用が心配されるのは、飲用する場合です。

 

制汗剤への使用については、副作用は報告されておらず、専門機関において1日摂取容量も特定しないとの評価を受けているほどで非常に安全性の高い成分です。

 

副作用についてははトリムクール、プレミアムデオヴィサージュともに引き分け

 

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|安全性で比較してみた

 

最後は、安全性を比較してみました。

 

1.刺激成分について

 

・トリムクール

 

徹底的に無添加・低刺激にこだわり、敏感肌の人でも使えるように開発されています。

 

・シリコン
・着色料
・パラベン
・香料
・タール系色素
・紫外線吸収
・動物性原料
・酸化防止剤
・合成ポリマー
・鉱山油
・石油系界面活性剤

 

以上の11種類に該当する成分は一切含まれていません。

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

安心の6つの無添加を謳っています。

 

・無香料
・無着色
・紫外線吸収剤フリー
・動物性原料フリー
・パラベンフリー
・無鉱物油

 

以上の6種類に該当する成分は一切含まれていません。

 

 

2.製造工程・場所について

 

・トリムクール

 

高品質・安心安全の日本国内工場で製造し、工場では品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を取得しています。

 

 

・プレミアムデオヴィサージュ

 

原材料から製造工程まで安心・安全にこだわって、日建栄協GMPよりも厳しい基準の医薬品及び医薬部外品GMP認定工場で製造されています。

 

 

製造工程・場所は引き分け 無添加対象成分はトリムクールの勝利

 

 

トリムクールとプレミアムデオヴィサージュ|まとめ

 

さまざまな項目について比較をしてきました。

 

全10項目の内、5項目が引き分けで、残り4項目がトリムクールの勝利。

 

ただ、大きな差ではなくて、価格面、成分面でトリムクールが勝っていた感じです。

 

また、使用感に関しては、好みもあると思います。

 

スプレータイプの方が手も汚れず使用感が良いと判断していますが、人によっては、しっかり浸透する感じがあるクリームタイプの方が良いと思う人もいるかと思います。

 

 

いずれにしても、汗の問題は思った以上に悩んでいる人が多いので、今回の記事が少しでも参考になれば良いかなと思います。

 

 

トリムクールの最安値は公式ページから

↓↓↓↓

 

トリムクールの最安値はココをクリック

 

 

 

 

プレミアムデオヴィサージュの最安値は公式ページから

↓↓↓↓

 

プレミアムデオヴィサージュの最安値はココをクリック

 

トリムクールの最安値、口コミ、効果、成分、など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

トリムクールトップへ

 

⇒ トリムクールとサラフェプラスを比較

 

⇒ トリムクールとノエミュを比較